Fortus 900mc/F900

Stratasys Fortus 900mc/F900 3Dプリンティングシステムは、CAD設計から正確なプロトタイプを製作する画期的な技術を採用しています。ストラタシスの熱溶解積層法(FDM)技術では、形状、適合、機能性のフィールドテストに利用可能な、内側形体を含むプロトタイプパーツを製作できます。

Stratasys Fortus 900mc/F900 3Dプリンティングシステムには、2 種類のサイズの造形シートが使用できるバキュームプラテンが備わっています。最小のシートは、16インチ(40.6 cm)X 18.5インチ(47.0 cm)X 厚さ0.02インチ(0.05 cm)で、最大のシートは、26インチ(66.0 cm)X 38インチ(96.5 cm)X 厚さ0.02インチ(0.05 cm)です。造形室サイズは幅36インチ(91.4 cm)X 高さ36インチ(91.4 cm)X 深さ24インチ(60.96 cm)です。プリンタには、4つのマテリアルベイ(モデル樹脂用とサポート樹脂用が2つずつ)が備わっています。

    AC電源要件

  • 50 Hzまたは60 Hz
  • 230 VAC
  • 40 A回路
  • 三位相すべてで34 Aの最大負荷時電流

    LAN要件

  • 通信およびファイル転送機能に必要です。
  • カテゴリー5以上
  • 10/100 Base Tイーサネット、RJ45コネクター。
Calibrating the Tip Offset - F900
FDM Printers - Painting

注目の活用事例