J826、J835、J850およびFabriX Kit

Stratasys J8シリーズ3Dプリンタを使用すると、同一の造形ジョブ内で、異なる材料でできたモデルを同じ造形トレイ上で製作するプロセスを合理化し、コストを削減できます。J8シリーズ3Dプリンタでは、設計段階で(CADソフトウェアを使用して)モデルのパーツに色を指定し、モデルをVRMLファイルとして保存して、目的の色でモデルを造形できます。

J8シリーズプリンタは、StratasysのPolyJet研究用パッケージと互換性があります。優れた制御と高度な機能を備えた先進的なソフトウェアを活用することで、創造性とイノベーションのレベルを向上させることができます。クリックすると、PolyJet研究用パッケージの詳細が表示されます。

Stratasys J826 Prime 3Dプリンタの造形エリアは255 x 252 x 200 mm(10.0 x 9.9 x 7.8インチ)です。Stratasys J835 3Dプリンタの造形エリアは350 x 350 x 200 mm(13.8 x 13.8 x 7.8インチ)です。Stratasys J850 Pro/Prime 3Dプリンタの造形エリアは490 x 390 x 200 mm(19.3 x 15.35 x 7.9インチ)です。

FabriX™・イノベーション・キット :StratasysのFabriX™ Innovation Kitを試し、高度なツールセットで3Dプリント機能を拡張しましょう。
FabriX™ Innovation KitはJ850 Prime Printerによってサポートされています。

    AC電源要件

  • 100~120 VAC、50~60 Hz、13.5 A、1相
    または
    220~240 VAC、50~60 Hz、7 A、1相

    LAN要件

  • プリンタを設置する前に必要となります。
  • http://[プリンタのIPアドレス]:80でご確認ください。
  • 静的IPアドレス。
GrabCAD Print Features Overview - 3DFashion Technology
 
Head Replacement - J7 and J8 Series

注目の活用事例

GrabCADチュートリアル