粗い側壁

モデルの側壁の粗さや不均一性

造形モデルの側壁や縁のプリント品質が低く、外観に粗さや不均一性が生じることがあります。モデルの造形の向きを変えても造形トレイの同じ位置で質の低い結果が見られる場合、おそらくファイルではなくプリンタに原因があります。ヘッド充填エラーメッセージが表示される場合にも、問題が発生している可能性があります。側壁に粗さや不均一性が生じている場合、以下のいずれかの原因が考えられます。

 

 

考えられる原因と解決策

ヘッドの位置合わせ不良

造形ヘッドの位置合わせが適切に行われていません。

解決策:ヘッド位置合わせウィザードを起動します。

ガイドラインについては、ユーザーガイドを参照してください。

予防措置: 月に一度、または造形ヘッドの交換後に、造形ヘッドの位置合わせを確認してください。

 

ローラースクレーパーの鈍化または位置合わせ不良

ローラースクレーパーに鈍化または位置合わせ不良があるために、ローラーから余分な材料が適切に除去されないことがあります。ローラーが汚れている場合、表面の品質が影響を受ける可能性があります。

解決策:ローラースクレーパーを交換します。

手順については、ユーザーガイドを参照してください。

当社のPolyJetデスクトッププリンタを使用している場合は、ローラーウェイストコレクターアセンブリーを交換します。

予防措置:造形を1,000時間行った後、またはローラーを清浄に保つ効果が発揮されなくなった場合には、ローラースクレーパーブレードを交換します。また、ローラーウェイストコレクターを清掃する際に、定期的にローラースクレーパーの効果をテストします。

 

ヒント:上記の提案事項に加えて、ノズルが適切に機能していない可能性がある場合には、診断ツールとして動的ノズルテストを実行することもできます。